タイトリスト (Titleist)のゴルフボール、そのこだわり

タイトリスト (Titleist)というブランドはゴルファーにとって知らない人がいないと言えるほどゴルフ用品においてトップシェアを誇るブランドです。

タイトリスト (Titleist)が製造するゴルフボールも同様に現在ゴルフボールのシェアにおいて世界の50%を誇っており、国内外問わず多くの有名プロがタイトリスト (Titleist)のゴルフボールを愛用しております。タイトリスト (Titleist)のゴルフボールは多くのプレイヤーが選ぶように非常に評価が高いものとなっております。

まずタイトリスト (Titleist)の最大の特徴としてまず挙げられるのはその高レベルで安定したクオリティの高さです。世界中のトッププロから認められているタイトリスト (Titleist)のゴルフボールはもちろん多くのアマチュアプレイヤーにも愛用者がいます。

タイトリスト (Titleist)のゴルフボールは、その飛距離や操作性に対して非常に高いレベルが提供されており、安定性や手ごたえのある打感、また抜群のスピン性能などから一度使うと他のボールに移れないという声を上げるプレイヤーが居るほど魅力を持ったボールとなっております。

まず基本的にゴルフボールには種類があり、ピースの数がそのゴルフボールの種類を分けています。単純に3ピースならボールの核を含め三層、4ピースならボールの核を含め四層構造のボールとなります。

2ピースの核と表面の層だけて構成された単純な構造の飛距離重視のディスタンス系ボールもありますが、現在は3層構造以上の多層構造が主流になっております。構造が複雑になるほどいろいろな工夫がしやすい反面、一般的には高価格になります。しかしボールの構造が複雑だからといって飛距離が増えるというわけではないところにボール選びの奥深さがあります。

一般的に核の部分の物質の反発係数がドライバーの飛距離に関わってきており、表面の物質の素材がスピンに影響するといわれております。スピン量をおさえるという場合には、構造が単純なボールの方が効果的に働くことが多く、高価なボールが必ずしも目的の結果を生み出すわけではないことを注意しながらゴルフボールを選択していくと良いでしょう。

ゴルフボールは見た目の類似性にかかわらずプレイヤーの要求によってさまざまな種類のゴルフボールがあります。「ディスタンス性能」「スピン性能」「耐久性」「コスト」「ヘッドスピード」の主に5ポイントによって選ぶとよいでしょう。

1.ディスタンス性能
スピンがかかりにくい反面、飛距離が稼ぎやすく曲がりにくいというのがディスタンス性能の高いボールの特徴です。アイオノマーなどの合成樹脂素材が多くみられます。

1.スピン性能
アプローチショット時にゴルフボールをグリーン上で意図した場所にピタッと止めたり、ピンをデッドに狙うなど、コントロールショットを打つ時にプレイヤーの意図をくみ取ってくれるボールです。スピン性能の高さが売りのボールは打感が柔らかいというのが特徴で、ウレタン素材のものが多くみられます。ヘッドスピードが速く、自らのコントロールでスコアメイクをしたいというプレイヤー向けです。

3.コスト
当たり前のことですが、ボールの価格は高価なものから安価なものまでさまざまで、数千円も差がある場合もあります。ピースや素材によってさまざまな価格帯のものがあります。
コストと性能を秤にかけ、練習に身が入るボールを探すという作業も楽しみの一つとなるでしょう。

4.耐久性
丈夫そうに見えるゴルフボールもインパクト時にボールが受ける大きな衝撃によって消耗していきます。一般的にはウレタン素材は傷がつきやすいと言われております。表面のディンプルが削れていくと飛びにも影響が出てくるので、ボールの耐久性も見逃せない性能の一つです。

5.ヘッドスピード
ボールにはそれぞれ適したヘッドスピードがあり、一般的にヘッドスピードが速いプレイヤーは(43m/s~程度)はスピン系が適しており、遅いプレイヤー(~38m/s程度)はディスタンス系のボールが合うといわれております。ドライバーの飛距離を5.5で割った数がおおよそのヘッドスピードとなるので、算出してからボールを選ぶといいでしょう。

さて、先述したようにその中でも評価の高いタイトリスト (Titleist)のゴルフボールの中からいくつかおすすめのものをご紹介させていただきたいと思います。

まず、タイトリスト(Titleist)のゴルフボール ProV1 です。
タイトリスト (Titleist)社独自で開発されたコア製造工程によって生み出されたソフトで均一性の高いコアが特徴のボールとなっています。352ディンプルデザインという製造法によりそれまでのモデルよりも低く、速い弾道を描き、ゴルフゴールが地面につきバウンドしてからの飛距離も伸ばすことに成功しました

次にタイトリスト (Titleist)のゴルフボール PRO V1X です。
このボールのために新開発されたウレタン・エラストマー・カバーの効果で、非常にすぐれたスピンコントロールを実現することに成功しました。また新技術のペイントシステムを使用することによって耐久性が飛躍的にアップしています。328ディンプルデザインによって飛距離が従来のものと比べ格段とアップしております。

さらにタイトリスト(Titleist)のゴルフボールVG3ですが、
これは日本のゴルファー向けに開発されたゴルフボールになります。コンプレッションかんがっ低く、多層コアや低スピンのフレキシマーカバー、加えて312カテナリーディンプルデザインという技術によってより長い飛距離と柔らかな打感をプレイヤーに提供します。

ここまでタイトリスト (Titleist)のゴルフボールやボール選びの基準をいくつか紹介させていただきました。
ここを突き詰めていくことでさらにゴルフの楽しさを倍増させてくれますね!